ホーム

《コナン・ザ・コナン》ロバート・E・ハワードの世界
キーワード&キーパーソン


■ロバート・E・ハワード■Robert E. Howard

 1920年代から30年代に活躍したアメリカ人パルプ雑誌作家。H・P・ラヴクラフト、クラーク・アシュトン・スミスと並び、創刊まもない怪奇小説雑誌ウィアード・テールズ誌を支えた“巨人”の一人である。幻想怪奇小説のみならず、冒険小説、冒険SF、ハードボイルド小説など、幅広い作風で知られるが、その原点は無骨なタッチで描かれた血湧き肉踊る冒険活劇にあった。約10年間という短い作家生活ののち、母の病気を苦にしてピストル自殺。享年30歳。

■蛮勇コナン■Conan the Barbarian

 ハワードが生み出した最大のヒーロー。ハイボリア時代と名付けられた、現在とは別の文明が存在した太古の地球が舞台。厚い胸板、鋼のような筋肉を誇る蛮族出身の英雄コナンが、持ち前の腕力と剣技、不屈の精神力を武器に、強大な敵軍や魔道士、魔物たちに立ち向かう。ハワード死後も多くの作家によって書き継がれ、アメコミや映画、テレビ・シリーズにも進出。中でもアーノルド・シュワルツェネッガー主演で製作された映画『コナン・ザ・グレート』『キング・オブ・デストロイヤー』は日本でも根強い人気を誇っている。

■ヒロイック・ファンタジー■Heroic Fantasy

 コナン物語を元祖とする小説の一ジャンル。まだ未熟な文明しか存在しないような、時間と空間を超えた架空の(あるいは現実の)世界。そこでは剣こそが最大の武器であり、太古の生き残りのような魔物らが跋扈する。そんな異世界で暴れまくる一人の勇者を描いた冒険談をいう。ハワードはコナンの他にもヒロイック・ファンタジーと呼べる作品を数多く残している。また後の作家たちも、ハワードの手法を習った類似作品を発表し、ジャンルの確立に一役買った。別名“剣と魔法の物語”Sword and Sorcery。

■ウィアード・テールズ誌■Weird Tales

■H・P・ラヴクラフト■H. P. Lovecraft

■クラーク・アシュトン・スミス■Clark Ashton Smith

■クトゥルー神話■Chthulu Mythos

ホーム