ホーム英雄列伝メニュー

《コナン・ザ・コナン》ロバート・E・ハワードの世界
ロバート・E・ハワード
英雄列伝


レッド・ソニア Red Sonja

【ジャンル】女剣士ヒロイック・ファンタジー

【解説】

THE RING OF IKRIBU
(Ace Books, 1981)
 コナンが生きたハイボリア時代を舞台に、赤毛の女剣士レッド・ソニアが活躍するヒロイック(ヒロイニック?)ファンタジー・シリーズ。映画にもなっているので、少なくともその名前だけでも御存知の人は多いでしょう。

 実を言えば、本シリーズはハワード本人の手によるものではなく、ハワードが創造したハイボリア時代の時代背景をベースに、現代作家が作り上げた異色のシリーズである。だがコミック等で有名になったおかげで、ハワードを語るとき、コナンやカル、ソロモン・ケインとともに名前が登場することも多いため、破格の扱いとして、あえてこのコーナーで紹介しておきたい。

 ハイボリア時代という設定のみならず、「レッド・ソニア」なる名前とそのキャラクターもまた、ハワードの別の小説に登場するキャラクターをベースにしている。ハワードがレッド・ソニアなるキャラクターを登場させたのは、"The Shadow of the Vulture"なる歴史冒険小説である。その中で活躍する赤毛のロシア人女性剣士が、レッド・ソニアであった。より厳密には、ハワード・オリジナルのレッド・ソニアは「Red Sonya」とスペリングするのに対し、新しいレッド・ソニアは「Red Sonja」と書く。この変更の理由は、第一にはハワード版とまったく同じキャラクターではないことを意識したことに加え、「Sonja」とした方がよりエキゾチックな印象があるからだ……と作者が記した文章を、どこかで読んだ記憶がある。

 新しいレッド・ソニアのキャラクターは、まずアメコミに登場し、それから映画、小説版へと発展した。特にアメコミで人気の高いキャラクターである。小説シリーズは6巻に及んだが、いずれもオリジナル・ストーリーであり、映画ノベライゼーションは存在しない。同じハイボリア時代とはいえ、コナン物語とは直接の関係はないようである。ただし、敵役としてコナン・シリーズで馴染みの深い魔道士が再登場する。なお、テレビの実写版コナン・シリーズには、レッド・ソニアというキャラクターが登場してコナンと冒険をともにするエピソードがある。

ホーム英雄列伝メニュー