ホーム二世メニュー【前】新日本プロレス【次】その他のレスラー

タイガーマスク二世
キャラクター名鑑
(宇宙プロレス連盟)

Character Profiles: Universal Pro-Wrestling Federation

 アーマン・ハッサン  
 Arman Hassan
gif gif

 アラブ某国の石油王にして、宇宙プロレス連盟の盟主。スポーツ好きが高じて、世界中のスポーツ界を牛耳ろうと目論み、その手始めに日本プロレス界乗っ取りを計画した。かつて大国の植民地だった頃の苦い経験から、「力こそが正義!」を信条とし、石油、金、権力を手に入れた今、その信条を実践に移すのだった。だが、あくまでも力で敵をねじ伏せることに喜びを感じるタイプであり、卑怯な手段は潔しとしない面もある。シリーズ後半、単なる大富豪ではなく、自国の政府を影で操る独裁者であることが明らかになった。
 【漫画版】基本的な設定は、ほぼ同じ。ただ、アニメ版では、ハッサンの過去や、執拗にスポーツ界支配を目論む野望の根源がどこにあるのか――そんなハッサンの内面も深く掘り下げられていたのに対し、漫画ではそこまでは描き込めていない。更に、影の大統領としてキナ臭い政治にまでかかわっているとの設定も、アニメ版ならでは。


 ギラド  
 Girad
gif

 ハッサンの右腕的存在。シリーズ当初、影の存在にすぎなかった盟主に代わり、直接の命令を部下に伝えるのは彼の役目だった。単に宇宙プロレス連盟という組織にとどまらず、ハッサンの政治面を支える男でもある。


 ゲラー  
 Geller
gif

 SPI長官。シリーズを通しても「SPI」なる組織が、一体いかなる存在なのか不明だが、宇宙プロレス連盟の下部組織、あるいは別動部隊と捉えるのが無難なようだ。強引にこじつけるならば、SPI=Space Pro-wrestling Inc.,の略称とでも言えようか。このSPIは、裏切り者抹殺といった汚れた仕事を請け負っている。


 SPI部隊  
 Men of S.P.I.
gif gif

 ゲラーの下で働く男たち。そのうち何人かは繰り返し登場する常連で、終わってみると印象に残る顔立ちだ。


 宇宙仮面SF  
 "Uchu-Kamen" S.F.
gif gif

 アメリカ・アリゾナ州出身、身長185センチ、体重112キロ、得意技・宇宙遊泳キック(番組テロップより)
 宇宙プロレス連盟からの第一の刺客。柔道、プロレスの会場に乱入し、タイガーマスク二世と初めて顔を合わせた。その名の通り、宇宙空間を思わすアクロバティックな攻撃が得意。中でも、リング上空のライトに足を掛けて高速回転。真空状態を作ってタイガーを窒息に追い込んだ攻撃は、あまりに荒唐無稽な発想で見る者のドキモを抜いた。非公式試合を含め、タイガーとは二度対戦したが、いずれも一敗地にまみれる。
 【漫画版】設定は同じなのだが、ファイト・スタイルは漫画版のSFの方がえらく堅実だった。マスク・デザインも変わっているし、やや大胆なイメチェンと言えるのではないか。こうして見ると、意外に漫画版のSFが強く思えてしまうのだ。


 吸血仮面ザ・バット  
 "Kyuketsu-Kamen" The Bat
gif gif

 タイ出身、身長187センチ、体重103キロ、得意技・三段キック・アンド・ナックル(番組テロップより)
 タイガーに敗れた宇宙仮面SFが宇宙プロレス連盟の秘密までも喋ろうとしたのを見て、疾風のようにリングに乱入。そのままSFを連れ去った。その後、自身がタイガーと対戦。噛み付き攻撃でタイガーからピンフォールを奪う。更にアントニオ猪木からもフォール勝ち。だが、その裏には卑劣な反則が隠されており、それを見抜いたタイガーから逆に挑戦を受け、最後はコブラツイストの餌食に。
 【漫画版】マスク・デザインはやや雰囲気が違うが、キャラクター設定自体はほぼ同じ。


 ミスター・フー1号2号  
 Mr. Who No.1 & No.2
gif gif

 共にアメリカ・テキサス州出身、身長205センチ、体重160キロ、得意技・サンドイッチ・キック(番組テロップより)
 宇宙プロレス連盟が、タイガーマスク二世&アントニオ猪木組を撃破すべく送り込んできた大型タッグチーム。頑強なボディで圧倒するのみならず、コンビネーションの息もピッタリ。両サイドから敵の顔面を狙い打ちするサンドイッチ・キックには、タイガーも猪木も苦しめられた。更に、額に凶器を隠して頭突きを食らわす古典的な攻めも。だが、その凶器を逆手に取られ、最後はタイガー&猪木組の軍門にくだる。
 【漫画版】アニメ版とほぼ同じ設定。タイガー&猪木組との試合ぶりも、大きな変更はない。違いといえば、漫画版では、彼らの正体はプロ・フットボーラーの「双子のピート」であったという点。アニメ版での正体については、別項参照。


 アイアン・マスク  
 Iron Mask
gif gif

 アメリカ・ニューヨーク出身、身長175センチ、体重75キロ、得意技・アイアン・チョップ(番組テロップより)
 試合後のミスター・フー組が病院で何者かに毒殺されたという物騒な雰囲気のなか、突如タイガーに挑戦してきたレスラー。バイクで颯爽とリングに登場し、試合が始まってからも華麗な身のこなしでタイガーと互角の試合を展開した。得意技は、カンフーの流れを汲むチョップで、腕に仕込んだ鋭利なカギ爪でタイガーの命を狙うことさえ厭わなかった。だが、タイガーとアイアン・マスクの間には奇妙な因縁が隠されていたことが判明し、アイアンは試合放棄してバイクで会場をあとにした。
 【漫画版】これは! 名前が同じだけの別キャラクターというのが正解。漫画のアイアンマスクは、「ザ・鉄仮面」とも表記され、人を食ったマスクがまぶたに焼き付く。正体はキッド・ジャマイカといい、黒人レスラーゆえの非運を背負ったレスラーだ。


 ヘル・ホークス  
 Hell Hawks
gif gif

 アフリカ・エチオピア出身、[身長182センチ、体重110キロ]、[身長183センチ、体重112キロ]、得意技・ヘル・アロー(番組テロップより)
 ミスター・フー組に続くタッグ専門のチャレンジャー。最終ターゲットはあくまでタイガー&猪木組だが、その前に坂口&藤波組との対戦を要求した。その試合で、驚くべき秘密が明らかになる。彼らの頭に乗せられたタカは剥製や作り物ではなく、生きたタカだったのだ。タカの鋭いくちばしで攻められては、生身の人間はひとたまりもない。だが、タイガーはミスター・プロ野球の長嶋に千本ノック特訓を申し込み、このタカに対抗する戦法を編み出した。
 【漫画版】アニメ版とほぼ同じ設定。彼らとの対戦を前にして、竜夫がミスターに千本ノックを申し込む場面も、忘れずに描かれている。ただ、初戦でヘル・ホークスが対戦した相手は、坂口&藤波ではなく、ストロング小林&藤波だ。


 青銅マッスル  
 "Seido" Muscle
gif gif

 インド・ヒマラヤ出身、身長215センチ、体重220キロ、得意技・怪力地獄落し(番組テロップより)
 死神シルバーと組んで、タイガー&猪木組と対戦した超巨漢レスラー。まるで全盛期のアンドレ・ザ・ジャイアントをマッチョにしたような怪物レスラーだ。シルバーとのタッグが仲間割れに終わったため、シングルマッチで改めてタイガーと対戦した。更に鉄球までも振り回すのだから、もう手が付けられない。もとはヒマラヤ奥地に住む原住民の酋長で、探検隊から仲間を守るために闘い、雪男と間違われて銃で撃たれた。それを助けたのが、村の少年ピートである。そのため、今でもマッスルのコーナーにはピート少年が陣取り、マッスルはピートの命令だけしかきかない。
 【漫画版】漫画では、死神シルバーと組んだタッグマッチのみが描かれている。その試合で、タイガー必殺技(タイガー・フィニッシュ)のひとつ「タイガー雪崩地獄」を食らって敗北を喫する。「ヒマラヤ奥地の……」というプロフィールは、漫画、アニメで共通。


 死神シルバー  
 "Shinigami" Silver
gif gif

 南アフリカ出身、身長190センチ、体重135センチ、得意技・シルバー・スペース・ヘッドアタック(番組テロップより)
 青銅マッスルと組んでタイガー&猪木組と対戦。タイガーに優るとも劣らぬテクニックを持ちながら、角や爪の反則を操る。やがて、タイガーと猪木があくまで正統テクニックとチームプレーで対抗する姿に心打たれ、あくまで反則にこだわるマッスルと仲間割れを起した。その後、オリンピック・スタジアムにタイガーを呼び出し、二人きりで心ゆく闘いを繰り広げようとした。だが、宇宙プロレス連盟は、裏切り者シルバーを許してはくれなかった。
 【漫画版】漫画では、青銅マッスルと組んだ猪木&タイガー組との対戦だけが描かれている。すなわち、アニメ版のように正義感に目覚めるようなエピソードは一切なし。存在感、やや薄し。プロフィールもアニメ版とは全く違った。南米アマゾンの奥地に住み、洞穴に棲む巨大な吸血コウモリを神と崇めている原住民の戦士なのだ。この怪奇趣味、最高! 個人的には、元・陸上選手説より、こっちの方が好き。


 デビル・ピューマ  
 Devil Puma
gif

 アルジェリア出身、身長189センチ、体重98キロ、得意技・デビル・チョップ(番組テロップより)
 宇宙プロレス連盟の秘密兵器。連盟を侮辱してきたスタン・ハンセンとまず対戦したが、真の力は温存して反則勝ちに終わる。続くタイガーマスク二世との試合で、本領発揮。まさに野生のピューマを思わせる俊敏な身のこなしで、タイガーと壮絶な死闘を残した。だが、試合終盤、連盟が一人の女性の命を狙っていることを知ったタイガーが試合放棄。ハッサンの計らいで試合は引き分け裁定に。しかし、ピューマはこれに納得せず、のちに箱根で再びタイガーに戦いを挑んだ。


 白魔ナイト  
 "Hakuma" Knight
gif

 アーマン・ハッサンが打倒タイガーを成就させるべく仕掛けた死のバトルロイヤルに、宇宙プロレス連盟を代表して参加したレスラー。ハッサンに言わせれば「連盟ナンバー2の実力者」だというが、バトルロイヤルという慌ただしい設定のためか、強い印象を残すことなく終わった。白馬に乗ってリングに登場する演出などもあり、じっくり描き込めば、もっと面白い存在になったかもしれない。


 ザ・ストロングス  
 The Strongs
gif

 宇宙プロレス連盟、最強の男。タイガーマスク二世のピラミッド・チャンピオンベルトに挑戦すべく、まず大巨人アンドレ・ザ・ジャイアントと対戦。大方の予想を裏切り、アンドレをあっという間にリングへ叩き伏せ、たちまちにして史上最強の称号を手に入れた。タイガーとの対戦は、まさに宇宙プロレス連盟のすべてを背負い、雌雄を賭けた大一番となった。お互い、最後の力までも振り絞った激戦は、見る者を圧倒。闘いを通して、タイガーの真価を認めたストロングスは自らマスクを脱いだ。その下には意外な素顔が……。


 
 

ホーム二世メニュー【前】新日本プロレス【次】その他のレスラー