ホーム二世メニュー第1巻第3巻

gif 
タイガーマスク二世
漫画エピソード・ガイド
 gif

■第2巻■
あらすじ
gif  地下プロレス組織の黒幕が石油王アーマン・ハッサンだと聞かされたタイガー、猪木は驚きを隠せない。そのハッサンは、来日早々、タイガー、猪木組対アンドレ・ザ・ジャイアント、スタン・ハンセン組の試合会場に姿を現わす。

 ハッサンから密かに賞金を出されたアンドレ、ハンセンは、最初から日本チームを潰しにかかる。だが、持ち前のチームプレーで危機を脱した日本組が、最後は勝利をものにした。「やはり地上のレスラーはあてにならん!」と不満を隠せぬハッサンは、地下プロレス界の殺し屋、ヘル・ホークスを呼び寄せた。

 ヘル・ホークスは、本物の生きたタカを利用した驚くべき反則攻撃を駆使する強敵。その攻撃を受け、ストロング小林、藤波辰巳組は試合放棄の屈辱をなめる。タイガー、猪木とて、この敵を前にしては苦戦はまぬがれない。

 そんな折り、タイガーマスク二世こと亜久竜夫は、たまたま取材した巨人の前監督、長嶋に千本ノックの特訓を申し入れる。鷹のスピードに対抗するための訓練だ。この特訓が効を奏し、タイガー、猪木組は、難敵ヘル・ホークスを撃破することに成功した。

 試合後、タイガーは、秘密訓練所タイガー・ピラミッダーに猪木を招待した。そこで、五千年の伝統を誇るエジプトのピラミッド・チャンピオンベルトを示し、修行時代に遭遇した不思議な体験を猪木に語る。そんな会話を通して、二人の信頼関係はますます強まる。

 宇宙プロレス連盟からの次なる刺客、巨漢の青銅マッスルと怪奇派、死神シルバー。この野生に満ち溢れた敵を前にしても、猪木、タイガーの闘志はいささかも衰えない。タイガーが編み出した必殺技、タイガー雪崩地獄を食らい、さしもの巨漢マッスルもマットに撃沈した。

gif gif gif gif gif

アニメ版では……
 エピソードの順番こそ違えど、このあたりまでは原作漫画のストーリーが、ほぼ同じ形でアニメでも描かれている。ただ残念ながら、猪木、タイガーがアンドレ、ハンセン組と対戦するといったおいしい試合はカットされてしまいましたね。

 ヘル・ホークスとの試合後、タイガーは猪木にタイガー・ピラミッダーやピラミッド・チャンピオンベルトの秘密を語るわけだが、アニメ版ではもっと早い時期に、これらの神秘的なストーリーが語られている。この神秘ギミックというのは、ある意味で、二世を象徴する存在なわけです。

 ちょうどこの時期、漫画版では亜久竜夫、みどりちゃん、日の出スポーツが登場。第一話から彼らの存在が大きく扱われていたアニメ版とは、やや雰囲気が異なる。竜夫やみどりのキャラクターも、漫画とアニメとではやや異なりますね。どちらかというと、漫画版の方が堅実。

 アーマン・ハッサンの組織が「宇宙プロレス連盟」と呼ばれるようになったのも、漫画版ではやっとこの時期だ。それまでは「地下プロレス界」という曖昧な表現で呼ばれていた。

ホーム二世メニュー第1巻第3巻