ホーム二世メニュー第8話第10話

gif 
タイガーマスク二世
エピソード・ガイド
 gif

 ■第9話■危うし! 日本プロレス
あらすじ
作品データ
 演  出  吉田健次郎 
 脚  本  山崎 晴哉 
 作画監督  阿部  司 
 美術監督  宮本 清司 
 初放映日  S56.6.15 
 試合開始早々、危機を迎えた猪木、タイガー組。ミスター・フー1号2号の必殺サンドイッチ・キックを受けた猪木は、顔面をゆがめてマットに崩れ落ちた。代わったタイガーも、同じサンドイッチ・キックの餌食に。

 病院のテレビで観戦しているジョージは、ミスター・フー組の攻勢に興奮を隠せない。そして、今でこそクリーンな戦いを見せているタイガーが、苦境に追い込まれたら必ずや卑怯な反則に手を出すはずだと、その瞬間を待ちわびていた。

 だが、タイガーはどれだけ相手チームが二人がかりの反則攻撃で攻めて来ようとも、クリーンファイトに徹していた。あれほど苦しめられたサンドイッチ・キックにも、前面の敵に的を絞った攻略法で対抗。しかし、日本陣営が攻めるたびに、ミスター・フー組は反則で切り抜けてしまう。

 悪どい凶器攻撃で、タイガーが流血に追い込まれたとき、さすがの猪木も見かねて救援に飛び出そうとするが、それを制止したのは当のタイガーだ。「これには一人の少年の心がかかっているんです! お願いします、猪木さん!」

 最後まで相手の反則に耐え忍び、最後は相手の凶器を逆手に取ったタイガー組が、ミスター・フーを血の海に叩き伏せる。その姿に心を打たれ、ジョージも我知らずタイガー、猪木を称えて拍手していた。「僕、タイガーマスクを信じて手術を受ける!」と医師や母親に告げるジョージ。彼の手術は無事に成功した。


二世

猪木

フー

ジョージ

ナンシー

純子

解説
 元祖タイガー作品が素晴しかったのは、ひとつにはテンポの良さを挙げることができると思う。次から次へと畳み掛けるように、奇抜なアイディア、素敵なキャラクターが登場! ゆえに見る者が飽きるということがなかったのだ。

 それとTM2を比べちゃいかんとは分かっているのだが、どうしても、ねえ。TM2は、基本的にひとつのストーリーを2回〜3回の続き物として描いている。そのことが歯がゆく感じてしまうのは、致し方のないところ。今回のミスター・フーとの対戦も、試合自体はかなり単調なのに、思った以上に長い時間を掛けて描いているのが気になった。もっとも、見所はミスター・フーとの対戦ではなく、ジョージ君の心の変化なんだろうね。

 ミスター・ブーならぬ、ミスター・フー1号2号。全く同じコスチュームのタッグチームというのも、思えば時代を感じさせる。「〜〜1号2号」っていうリングネームもまたしかり。でも、このアニメの後にも、ストロング・マシン1号2号なんていう輩がいましたねえ。プロレス・ギミックは時代を超越しておるのでしょうか!

 
 

ホーム二世メニュー第8話第10話