ホーム二世メニュー第9話第11話

gif 
タイガーマスク二世
エピソード・ガイド
 gif

 ■第10話■アイアン・マスクの挑戦
あらすじ
作品データ
 演  出  佐々木正広 
 脚  本  山崎 晴哉 
 作画監督  清山 滋崇 
 美術監督  宮前 光春 
 初放映日  S56.6.29 
 ジョージとナンシーは、竜夫、みどりに見送られてアメリカに帰国した。その空港で、竜夫は一人の外国人女性とばったり出くわした。なぜか驚きを隠せぬ様子の竜夫は、逃げるようにしてその場をあとにする。

 女性の名前はリタ。アメリカから来た新聞記者だとみどりに自己紹介した。リタは、竜夫を訪ねて日の出スポーツ新聞社にまで姿を現わした。またも慌てた素振りでリタを連れ出した竜夫は、二人だけになったとき、ようやく落ち着いた様子でリタとの昔話に花を咲かせるのだった。

 リタと竜夫は、虎の穴時代の同期生だ。女子プロレスのチャンピオンを母に持つリタは、その母が男のプロレスラーに負けた悔しさから、プロレス入りを決意。男に成り済まし、虎の穴入門を許されたのだ。当時、リタが女性だと知っていたのは、ごく一部の首脳陣を除いては、練習試合で偶然そのことに気付いた竜夫だけだった。

 リタ来日の目的は、新聞記者として入院中のミスター・フー組に取材を申し込むことだった。竜夫と一緒にフー組の病室に出向いたリタだが、フー組は固く口を閉ざしたまま。しかし、取材の直後、フー組が急死するという事件が発生。毒殺の疑いがあり、竜夫やリタにも容疑がかけられた。

 その頃、宇宙プロレス連盟が放った次なる刺客アイアン・マスクが早くも日本に潜伏し、タイガー戦を待ちかね爪を研いでいた。タイガーも、アイアンガーを相手に猛練習に余念がない。


リタ

竜夫

みどり

リタ(回想)

竜夫(回想)

アイアンガー

解説
 伊達直人に大門がいるように、亜久竜夫にはリタがいる! う〜ん、これはちょっと言い過ぎだったかな。でも、リタこそはTM2アニメで一番光っていたキャラであることに疑いの余地はない! なんたって、リタのオリジナル・テーマ曲まであるんだから。♪リタ〜甘えてばかりで〜ゴメンね〜……いや間違った! でも実際、この曲に負けないくらい切ない曲だよ。

 それにしても、竜夫とリタの絡みは、見ていてむず痒いというか、気恥ずかしいというか。リタが余計なことを喋らぬよう、いきなりキスする竜夫! 見せつけられたみどりがジェラシーに燃えるっていう、お決まりのパターンが、これまた良い。かと思うと、虎の穴の回想シーンでは、リタにボディプレスをかました竜夫が、胸のボヨヨ〜ンで、相手が女性であることにハッと気付いたり。いやあ、なんとも美味しいキャラでしょ。

 竜夫は虎の穴時代、ダブルエックスなる技を得意としていたことが紹介された。この技は、全12種類とも15種類とも言われる「タイガー・フィニッシュ」のひとつである。

 
 

ホーム二世メニュー第9話第11話