ホーム二世メニュー第21話第23話

gif 
タイガーマスク二世
エピソード・ガイド
 gif

 ■第22話■青銅マッスルを倒せ!
あらすじ
作品データ
 演  出  佐々木正広 
 脚  本  山崎 晴哉 
 作画監督  清山 滋崇 
 美術監督  窪田 忠雄 
 初放映日  S56.10.19 
 タイガー対青銅マッスルの時間無制限一本勝負が始まった。マッスルのコーナーには、例によって謎の少年ピートが陣取る。マッスルは、雪男と間違われたヒマラヤ奥地の原住民の酋長だったが、探検隊から仲間を守るため、撃たれ重傷を負った。そのとき、マッスルの命を救ったのが、村の少年ピートだったという。

 そして、ピート少年がタイガーに向ける憎しみがこもった視線……。ピートには、探検隊の道楽で虎狩りにかり出された両親が、皆の前で無惨に虎の餌食になった悲しい過去があったのだ。

 マッスルは、全身これ筋肉の鎧。タイガーのドロップキック連打を受けてもびくともしない。逆にバックブリーカー、ベアハッグを繰り出し、その体勢のままコーナーからジャンプ、タイガーの身体をエビのようにマットへめり込ませた。それこそマッスルの必殺技、怪力地獄落としだ。

 だが、その攻撃をタイガーが敢えて受けたのは、マッスルの心に油断を生じさせるためだった。その隙を逃さず、死神シルバーから死の間際に伝授されたアキレス腱攻撃から、必殺ピラミッド・サンダークロスを決め、見事に逆転勝利を収めた。

 住んでいたマンションが取り壊された竜夫は、一也の友達、三太郎の家に下宿することになった。ピートもしばらくの間、竜夫と一緒に暮らすことになる。だが、両親を殺された恨みから文明人への憎しみを捨てきれないピートと、一也や三太郎たちの溝はなかなか埋まらなかった。


マッスル

ピート

二世

竜夫

三太郎

一也

解説
 マッスルは身長2メールを超え、体重もゆうに200キロを上回る。それでいて、名前通り、青銅の鎧のごとき筋肉の持ち主――。まさにアンドレの体格に、ホーガンの筋肉といったスーパーマンなのだ。しかも、スピードと来たら初代タイガーマスク級! でも、この起用さが災いしたか、終わってみると、威圧感はさほどでもない。

 印象に残るのは、ピート少年だね。マッスルがタイガーに敗れるや、キッと憎しみを倍増させた瞳をタイガーに突き刺す。そして、マッスルの鉄球で攻撃しようとするのだが、いかんせん少年の力では鉄球はびくともしない。その様子を滑稽と思ったのか、客席からは失笑が漏れるが、それでもピートの一途な思いは、燃え上がる一方なのだ。孤独な影がいやでも浮かび上がり、じんわり涙を誘う場面なのです。

 西洋人ハンターの虎狩りにかり出され、無惨な死を遂げた両親。その憎しみがタイガーに、否、文明人全員に向けられているのだ。マッスルもまた、文明人の犠牲となった無垢な野生の民だと知れば、彼らを見る目はおのずと変わってこよう。

 
 

ホーム二世メニュー第21話第23話