ホーム二世メニュー第22話第24話

gif 
タイガーマスク二世
エピソード・ガイド
 gif

 ■第23話■ブッチャーの挑戦状
あらすじ
作品データ
 演  出  生頼 昭憲 
 脚  本  山崎 晴哉 
 作画監督  野田 卓雄 
 美術監督  窪田 忠雄 
 初放映日  S56.10.26 
 竜夫と一緒に、三太郎の祝家で暮らし始めたピート。大人たちの心配をよそに、時に喧嘩をしながら、ピートと一也たちは徐々に打ち解けていった。今日も、あすなろチームの一員として、少年野球を楽しむまでになっていた。

 一方、祝家で過ごす竜夫を、密かに張り込む人物がいた。竜夫の記者仲間、才賀である。才賀は、みどりや石松たちにも、なぜかしつこく竜夫の素性を訊ねていた。そんな才賀が、SPI長官ゲラーと密会。ハッサンの命令で竜夫の身辺調査を進めていたゲラーが、金と地位をエサにして才賀を雇ったのである。

 そんな折り、黒い呪術師アブドーラ・ザ・ブッチャーが、タイガーマスク二世に挑戦状を叩き付けた。猪木を通じて、この挑戦を聞かされたタイガーも、「戦う以上は必ず勝つ!」と、真っ向から受けて立つ構えだ。

 ブッチャーの特集記事を書こうと、日の出スポーツのデスク、みどり、竜夫の三人は、さっそくブッチャーの取材に向かう。ブッチャーは、かつて少林空手の達人、ガマ・オテナの門下生となった過去を語る。それこそ必殺・地獄突きの誕生秘話だ。

 そんな彼らの前に、“熊殺し”の異名を取るキング・キリアムスが姿を現わした。ミスター・プロ空手と称される英雄キングが、なぜ、この日本へ……。竜夫は、不安な胸騒ぎを押さえることができなかった。


ピート

竜夫

才賀

ブッチャー

キング

石松

解説
 いきなりブッチャーかよ! どうやら、TM2アニメの人気が上がらない原因は、現実離れしたキャラクターばかりを登場させことにあると考えたスタッフが、軌道修正を図って来たようだ。でも、今にして思うと、それって残念。時が経てば経つほど、当時「突飛」と思えたものほど、オタク、いやカルトな人気を博するものだから。

 ブッチャーといえば、TM2シリーズ初期に登場したビッグ・ウッドが思い起こされる。ウッドは、原作漫画ではブッチャーだったのがアレンジされたものだね。「地獄突き誕生秘話」とも言うべき今回のブッチャー物語は、TM2原作とは全く無関係。同じ梶原一騎原作の漫画「プロレス・スーパースター列伝」から頂いたものだ。これも悪くないけど、できれば単独のシリーズとして描いてほしかったのであります。

 「空手」をキーワードに、ブッチャーの他、もう一人、謎の男。熊やバッファローと死闘を展開するミスター・プロ空手、キング・キリアムス……ウィリー・ウイリアムス……。今度は「四角いジャングル」だ! 梶原漫画バンザーイ!

 
 

ホーム二世メニュー第22話第24話