ホーム二世メニュー第23話第25話

gif 
タイガーマスク二世
エピソード・ガイド
 gif

 ■第24話■タイガーVSブッチャー
あらすじ
作品データ
 演  出  山崎 和男 
 脚  本  山崎 晴哉 
 作画監督  阿部  司 
 美術監督  宮本 清司 
 初放映日  S56.11.2 
 タイガー・ピラミッダーで、かつての猪木対ブッチャー戦のビデオに見入るタイガー。そのときは、猪木が辛くも勝利を収めたが、成長を遂げたブッチャーは、更に手強い相手になっている。ことに喉元を狙う地獄突きは、タイガーにとって最も注意しなければならない攻撃だ。

 ブッチャーも、来るべきタイガー戦に向けて猛練習に余念がない。練習のあと、レストランでみどりの取材を受けたブッチャー。前の夫人との離婚に話が及んだ途端、ブッチャーの顔色が変わる。だが、落ち着きを取り戻したブッチャーは、記事にはしないという約束で、思い出したくない辛い過去を語り始めた……。

 日本遠征で人気者となったブッチャーは、大金を手にし、喜び勇んで自宅に戻った。だが、そこで待っていたのは、最愛の妻が他の男と一緒に家出したという予想だにしない現実。残っていたのは、幼い息子ただ一人だった。悲しみをこらえながら、ブッチャーは息子に言った。「同情されるくらいなら憎まれろ! それが男だ!」そんな男の意地を胸に戦い続けるブッチャーは、今度のタイガー戦も負けるわけにはいかないのだ。

 日本武道館での決戦当日。試合前、ブッチャーの控え室にSPI長官ゲラーの姿が。金でブッチャーを雇おうという申し出だ。だが、自分こそが悪役世界一だと自負するブッチャーは、宇宙プロレス連盟の誘いを拒否。タイガーとの雌雄を賭けた大一番が、遂に開始された。


猪木

二世

ブッチャー

みどり

ゲラー

キング

解説
 ブッチャー物語が続いてますなあ。一人の敵との戦いに、長い時間をかけるというTM2の焦れったい特徴が、このブッチャーの場合にも当てはまったしまうのですね。今回、みどりから取材を受ける形で、前妻と離婚した悲しい思い出を語るわけだが、これまた「プロレス・スーパースター列伝」からの受け売りだ。外挿エピソードにしては、やや丁寧すぎるきらいがある。

 スタッフとしては、ブッチャーもこれまでのタイガーの敵たちと同レベルで描きたかったようだが、ちょっと無理があった。しかも、同じ時期に、謎めいた貫禄を誇るキング・キリアムスを登場させてしまったものだから、余計にブッチャーの存在感が浮いてしまった。

 見逃せないのが、前回あたりから竜夫の近辺で怪しい行動を続けている記者仲間の才賀さんだ。これまでは、イヤミではあっても、決して悪人ではなかったはずなのだが、金と地位に目がくらんで、竜夫の張り込みを宇プ連から引き受けている。はてもさても、これは意外な展開ですぞ。突飛だけど、こういう複雑な人間模様って、好き好き。

 
 

ホーム二世メニュー第23話第25話